4

落葉樹だけではなく2月中に強剪定ができるオリーブ

先日、何故12月~2月までに剪定した方が良い樹木があるのか?という記事を書かせて頂きましたが冬場に剪定した方が良い樹木は他にもあるんです。落葉樹の説明やどうして落葉樹を冬場に剪定するのかというのは→コチラからご覧になれます。その他にも伸びるスピードが早く意外にも冬場に切った方が良い樹木が何種類かあります。

落葉樹だけではなく2月中には強剪定ができるオリーブ

オリーブとは

高木常緑樹であるオリーブですが実をつけてほしい、この葉っぱの色が可愛いという印象で苗木を花屋さんから、ホームセンターの園芸コーナーから買ってきた方は少なくないと思います。シマトネリコと同じように小さく柔らかい雰囲気から一変し環境が整うとすくすく育ちます。一体どれくらい大きくなるのかということですが、どれくらいの高さなのかというと環境によって変わりますが関東圏内で私が作業をして見てきた中でおよそ8mほどの高さまで大きくなっているオリーブ見たことがあります。8mというのは2階建ての屋根を高さを優に越えます。3mほどの高さには簡単に成長し手が届かなくなり剪定をお願いされることも多いですが実がならなくて困っているという方のほうが多いと思います。

 

どれくらい大きくなれば剪定をすればいいのかわからない

ご自宅に植えている木を自分で切っているもいらっしゃると思いますが、鉢植えから地面に植え替えて恐ろしいスピードで伸びるオリーブに手を焼いている方はいませんか?

オリーブの大きさは手の届く範囲でとどめて置くことがご自身で剪定したときに怪我のリスクが減り、剪定作業も後片付けも楽になるので2m以内に抑えておくことが良いと思います。この2mの高さを超えているかたの為にこの記事を書いているのですが、今日は平成30年1月なので来月2月にもうすぐオリーブの枯れ心配なくばっさり切れる時期がやってきます。もともと樹勢が弱いオリーブなどは剪定をする必要がありません(弱っている樹木は剪定は控えた方がいいです)

一体どうやってオリーブ切れば良いのかわからない

背丈が大きいオリーブを小さくしたい方はとどめて置きたい高さを決め、決めた高さのあたりに生えている枝を数本残し、ばっさり切り枝を透きます。

2m程の高さのオリーブの剪定の一例

平成30年3月4日に追記です。

追記で画像を上げさせていただきます。

軒下に植えたオリーブが大きくなってしまい風の強い日などでは擦れる音が気になってしょうがないということで強剪定をさせて頂きました。そのオリーブの作業前作業後です。

2月くらいですとこれくらい小さく切っても負担になりにくく枯れる心配が減ります。

オリーブの実がならない

これは自然界のことなので絶対とは言えませんが2本以上のオリーブが必要と言われています。そんなないのに実がなる方もなかにはいますがご近所のオリーブと受粉をしているのかもしれません。小さい鉢植えのオリーブで良いので2本以上あると実が付くことが多いと思います。そしてこの2月時期に混んでいる枝を根元から切ってしまいましょう。

オリーブに発生する病害虫

※注意※ここから先、オリーブの害虫のお話、画像がでてきます。苦手な方はお控えください。

どの樹木にも虫が発生するものですがオリーブにも発生します。

葉を食べてしまう虫、実を食べてしまう虫、幹に穴を空け成長してしまう幼虫など樹木にとっては著しい成長を妨げてしまうことがあります。虫も一生懸命生きているので全てが悪とはいえませんが、大事に育てている樹木に悪影響を与えるのであれば困るというお客様からのご相談が春先から秋ぐらいまで多いです。

オリーブに発生する幼虫の写真

 

スズメガという親指ほどの太さの幼虫がこちらです

樹木の周りに黒い小さい糞が落ちていた場合その真上にある樹木に発生している可能性が高いです

剪定をしっかりしていれば見つけやすいですがまったくお手入れをしていない場合全てを探すのに数十分の時間が必要になります。

見つけた場合は引き剥がすか枝ごと切ってしまうか薬をかけます。

天敵のオリーブアナアキゾウムシ

沼山造園では薬剤散布を定期的にオススメしています。薬剤がどうしても体に合わない!という方にはオススメできませんが樹木に甚大な被害を及ぼす虫は発生させないようにしませんか?という防除を沼山造園では一番に考えています。オリーブにはオリーブアナアキゾウムシという幹の中で食害をする害虫がいます。これは幹のかで成長し、幹を食べてしまいます。幹がなくなるというのは水分補給を妨げてしまい最終的には枯れてしまう影響を及ぼすという恐ろしい虫です。

この対策として春一番に薬剤を散布しています。

木のまわりに掘った木屑が落ちていた場合発生している場合があります。

冬場にきちんとした剪定をし春先に害虫対策を!

剪定のキャンペーンも行っています。

世田谷区在住で先着4名様(残り2名)、未だ沼山造園をご利用したことがないどんな植木屋さんがくるのか不安な方にただいまキャンペーンを行っています。

お時間がある方はコチラ→(平成30年 先着4名様(残り2名様)キャンペーン 世田谷区でまだ沼山造園をご利用したことがない1月中に剪定(枝切り)をご希望な方へ)をご覧下さい。

 

 

 

関連記事

  1. カシの木 剪定
  2. 金木犀 生垣 刈込
  3. もう終わりにしませんか?川崎市でチャドク蛾の被害者を増やすのを。…
  4. レッドロビン 剪定
  5. お盆まで1ヶ月切りました。ボサボサに伸びた植木はもう切りましたか…
  6. ぼさぼさの雑草 知らないと損をする草取りの3つの方法
  7. 壁面ツタ取り
PAGE TOP