10月から11月の台風に注意。急な突風で樹木が倒れてしまった方へ

平成30年度、台風24号の後の倒木復旧記事はこちら→(台風24号が過ぎ去った翌日。暴風、大雨による被害は世田谷区や川崎市と拾い地域で倒木の爪あとを残しました。

お休みの日に偶然立ち寄った洋服屋さんの前に生えていてたコニファーの樹木がドサッと倒れていました。

樹木の種類はコニファーのゴールドクレストという樹木でしたが高さは2.5mほど、幅は1mもない樹が道路に向かって倒れていました。

前日が台風ということもあり、そんなに強い風が吹いた台風でもありませんでしたが、その環境下によって樹木は簡単に倒れてしまいます。

今日は実際に私が体験をしたお話を書いていきます。

台風が多いこの10月から11月の時期、倒木対処の問い合わせは3倍以上に膨れ上がる

なんども書いてる「倒木」は何故起こるのか

強く風が吹くと立っていられない時ありませんか?おおまかにいうとこれが樹木で起こります。

  • 剪定をしていない樹木は風を受ける面積が多く急な突風に耐えられなく倒れてしまうことがあります。
  • 植えたばかりの1、2年ほどしか立っていない樹木など倒れやすいです。これはまだ樹木の根が土の中で安定しないことが理由です。
  • 樹木の根が地面の中でしっかりと固定されていない場合や、樹木自体が弱り幹からボキッと折れてしまう場合があります。

沼山造園に来る問い合わせの中でこの種類の樹木がよく倒木被害にあいます

コニファーの木やマキの木、サワラなど針葉樹が特に多いです。

針葉樹でご自宅に植えられているものは根がやや浅い樹木が多く植えられたばかりの木は根を張るまでに数年かかります。

ですのでどんな形でも支柱を設置しておかないと倒木の危険性が倍増します

倒木した庭木の対応

沼山造園の倒木対応は倒れてしまった木をチェーンソーなどで切りきざみ処分することか、倒れてしまった樹木の復旧です。

日にちが経てば経つほど枯れてしまう可能性が高くなります。本当に根付くかどうかこればかりは時期や対応速度によります。

樹木の倒木の処理方法を決めましょう

なぜこんなことを言うのかといいますと

文頭に書かせて頂いた洋服屋さんは倒木をしていましたが根元の方から全部露出していました。途中で千切れたというのではありませんでした。洋服屋さんの持ち物ではなくテナントさんが管理している樹木でしたので、切ったり処分したりということをすぐに決められない状況に陥っていました。人的被害が起こらなかったのが不幸中の幸いということだと思いますが、復旧をするのか、根元からばっさりと切ってしまうのか決める決断をしましょう。

こんな状況に陥ったことがないのでどうしたらいいかわからない。とりあえず助言が欲しいので見に来てほしいという方もいらっしゃると思います。手遅れになる前にご連絡を下さい。

関連記事

  1. ドウダンツツジの最適なお手入れ時期はいつなのか
  2. ikegaki 生垣を植えてから早10年、目隠しの為にある生垣が大きくなり家を暗…
  3. 世田谷区で金木犀の剪定時の写真 「金木犀の剪定依頼」お客様が心配していた剪定後の3つの不安と実際…
  4. モッコク 剪定
  5. 松の花粉対策と花摘み
  6. 支柱作業 台風24号の翌日。暴風雨による倒木被害状況と実際の対処事例
  7. サワラの剪定
  8. ミカン 剪定
PAGE TOP