ユーカリを植えたころは小さくて可愛かったのにと、お客様が嘆いているのを何度も聞いていますがユーカリの木は少し手入れをせずにいると背丈が大きくなり、枝葉が密集し幹に近い方が枯れていきます。

今回は背丈が大きくなりすぎて、風に吹かれただけで倒れそうになっているという東京都大田区の方からのご連絡があり、倒木しそうなユーカリを伐採してきた時の作業事例です。

倒木しそうなユーカリ伐採

ご自宅に付き、お話を聞きながらお庭を見ると、高さ10mほどのユーカリがそびえ立っていました。見に行った当日もそよ風が吹いていましたが、そよ風程度でユーカリが根元の方から大きく動いて揺れているのがわかりました。

雨が降ると枝がしなりお隣の家の壁にベタっと付いてしまうので苦情がきて困ったているとのことで、お困りのようでした。

最初の段階から根元から切る伐採をご要望でしたので、お見積書を作成し、作業になりました。

下の画像はユーカリの伐採作業前

eucalyptus-before-logging

スラっとそびえたっていますがこちらのユーカリを伐採しました。

下の画像はユーカリの伐採作業後

eucalyptus-ahter-logging

周りに植木鉢や下草などがたくさんあって養生が大変でしたが問題なく終了しました。

別の伐採作業が見たい方は「毎年剪定に1本2万円ほどかかっていた金木犀を根元から伐採」こちらもどうぞ。

まとめ

ユーカリは伸びやすく簡単に高さ10mまで大きくなる。大きくなり過ぎた庭木には苦情が多く管理が難しい。

contact