僅か3年で想像も付かない程に植木が大きくなってしまった庭木のお手入れ

気づかない間に想像も付かないほどに庭にある植木が大きくなってしまった

基本的に何のお手入れをせずとも樹木は自然界では生きていけるんですが、庭木はそうはいかない。制限のある庭の敷地内で人と共存しながら存続していかなければならない。言葉などは発しないが手のかかる子供が庭で育ってると思ってほしい。

そんな植木はどの程度大きくなるのかまず見て頂きたい。

植木はどのくらいまで大きくなるのか

ここからは沼山造園でお手入れしたことがある庭にあった植木を大きい順に書いていきます。どれくらい大きくなるか驚かないでください。

10m以上大きくなる植木:コノテガシワ、サワラ、ヒノキ、トウヒ、ヒマラヤスギ、松、ヤマモモ、ヤマボウシ、カシワ、カエデ、シラカバ、サクラ、トチノキ、エゴノキ、クロガネモチ、金木犀、モミジバフウ、マテバシイ、スダジイ、シラカシ、アラカシ、ケヤキ、エノキ、月桂樹、ザクロ、トウカエデ、イロハモミジ、イチョウ、クスノキ、カクレミノ、ハクモクレン、タイサンボク、コブシ、ハナミズキ、ツバキ
10mまで大きくなる植木:ユズリハ、モチノキ、ウバメガシ、カリン、ナナカマド、カキ、サカキ
9mまで大きくなる植木:サルスベリ、ビワ、モッコク、カナメモチ
8mまで大きくなる植木:イヌツゲ、ヒイラギ、ツゲ、ネズミモチ
7mまで大きくなる植木:カイズカイブキ、ソヨゴ、ヒイラギモクセイ、オリーブ、トベラ
6mまで大きくなる植木:マサキ、サザンカ、ヒサカキ
5mまで大きくなる植木:ヤツデ、ソテツ、モクレン、カラタネオガタマ、ウメ
4mまで大きくなる植木:トベラ、ユズ、キョウチクトウ、ムクゲ、シャリンバイ、ユスラウメ
3mまで大きくなる植木:ヒイラギナンテン、サンショウ、ウツギ、クロチク、クチナシ、ユキヤナギ、オオムラサキツツジ、ドウダンツツジ
2mまで大きくなる植木:キャラボク、タマ紫陽花、ナンテン、アオキ、アジサイ、ガクアジサイ、ビョウヤナギ、ヤマブキ、ボケ、ジンチョウゲ
1mまで大きくなる植木:マンリョウ、センリョウ、サツキ

ざっと書いてきましたがこれだけ切って凄いでしょ?と言いたいわけではございません。ご自宅にある植木がこんなに大きくなることを認識してもらいたいのです。低木に分類されている植木でなければどんどん大きくなるんです。

メートルで言われてもしっくりこない人のために簡単な家と植木の大きさを画像に載せておきます。

標準的な2階建ての家と植木の比較は下の画像。

最近はコニファーの木が流行っていて苗木で30cmから1mほどの大きさのものが出回っていますが、コノテガシワやゴールドクレストなどの木も条件さえ揃えば数年で2階建ての家を超える高さまで成長するということです。恐ろしい成長ですよね。お時間があれば植木に関してこの記事をもう少し見てほしいです。

庭木は基本的に大きくなる

植木の大きさを箇条書きで書きましたが、自分の家にある植木と比べてどうでしょう?
あのハナミズキもそんなに大きくなるの?と思う方や、まだうちの家にあるオリーブはこんなに小さいから大丈夫!と思う方もいるでしょう。
そう思うのも無理はありません。植木のことを詳しい方は多くないと思います。家にある庭木の名前もわからないというお客様もたくさんいらっしゃいます。

ここでお伝えしたいのは植木を大きく凛とした状態でシンボルツリーにしたい!とお考えの方でなければ大きくなっても2階の屋根の高さ7~8mほどで留めておくことオススメ致します。なぜそんなに大きくしたらまずいのでしょうか?

実は、大きくなった植木に悩んでいる方はたくさんいます。

世田谷区を中心に目黒区・大田区・川崎市のお客様が庭木のお手入れの御見積にお伺いした際に実際に困っていた一例をあげています。

お客様によって大きくなった木を切りたい理由はあるんです。

庭の広さに合わない大きい植木はトラブルが多くなる

この記事を読んでいるということはおそらく何か植木の問題に直面しているか、剪定をしたいとお考えの方が読んで頂いてると思ってます。

木が大きくなりすぎた方、剪定をしたい方はこんなことに困っているのではないでしょうか?

・大きすぎて上の方まで届かなくドンドン伸びて手に負えない
・植木が家を暗くし湿気が多くなっている。
・ただこんなに大きくなるとは思っていなくてどうしていいかわからない。
・近隣の方から境界線のことで何度か苦情を言われている。
・毎日の落ち葉が多く、掃除が大変で腰が痛い。
・自分で庭木の手入れをしていたけどハシゴから落ちて怪我をしてしまって自分でお手入れができなくなってしまった。
・少しの風で枝が折れやすくなってしまった。
・幹に近い方の枝がどんどん枯れてくる。
・誰がどう見ても木が斜めになっていつ倒れるか心配。
・枝葉がうっそうとしすぎている。
・毎年の植木お手入れの金額が高すぎて困る。
・大量の虫や巣ができていて車や道路を汚してしまう。
・枝が電線に絡んでいつ事故になるか気になって仕方ない。

このほとんどが剪定というお手入れで解決します。少しご説明します。

剪定という植木のお手入れの最大理由

ぼさぼさの植木のままではトラブルを招くのは箇条書きで書いていた通りですが、剪定というのは不必要な枝を切り、栄養を必要としてる枝に分散させ、花や植木の成長を助けてあげることができるんです。この過程で樹木は病害虫を寄せ付けにくくなるという結果に繋がるわけですが、沼山造園では剪定後の庭の状態を植木屋さんが来ない期間にお客様が庭木の異変に気づけるようにさっぱりした庭木の剪定をしています。

高くなってしまったけどなるべく費用をかけないように自分でやりたい!

ご自身でやるときは必ず怪我をしないように無理をしないでください。
植木屋さんのようにすぐ終わるとは思わないでください。大きさによりますが、5mくらいのイチョウの木をご自身で切った場合半日以上はかかると思います。

ご自身でやる際、植木を切るときどんな道具が必要か

まずはノコギリです。間違いなく使います。ホームセンターで3000円ほどで売られています。あとは少し箇条書きで書きます。

剪定ハサミ
ゴミ袋(大きければ大きいほど良い)または枝を縛る紐
ホウキとチリトリ
植木に届くハシゴ

何故ゴミ袋が大きいほどいいかといいますと最後に枝を切って掃除をする時に短く何度も切る必要がないからです。小さいゴミ袋ほどハサミやノコギリで切る回数が多くなります。袋の数も多くご用意した方がいいと思います。

太い幹はごみ収集業者が引き取ってくれない可能性がある

地域により一度に出せるゴミの量が決まっていますが幹の太さに制限があるところもあるそうです。電話で聞くのが一番早いので聞いてみましょう。

植木屋はどんな風に庭木をお手入れするのか

沼山造園では標準サイズの植木のお手入れももちろんのこと、電線が木の周りにあり作業が困難な高木のお手入れや少し大きくなった木を小さくする強剪定というものもやっております。言葉で書くよりも動画で見ていただいた方がわかりやすいと思うのでいくつかご紹介致します。

これは台風対策として高さ8mくらいのゴールドクレストを半分くらいに小さくした剪定作業の動画ですです。

こちらは伸びすぎて隣家の方に迷惑になるので6mほどのシラカシの強剪定・端のシラカシはお客様のご要望により他の生垣より高くしています。

こちらのスダジイは下に幹も無い状態で、積雪があった際に枝折れの危険性を回避するために3mほどせり出した部分を剪定する作業です。

動画を見れる環境ではない人の為にいくつか画像を載せています。

この画像は世田谷区でひと夏で伸びた竹が風が吹くと電線に触れていて怖いということで作業した伐採前と伐採後
ひと夏で伸びた竹の伐採前
ひと夏で伸びた竹の伐採後

動画にもある、高さ8mくらいのゴールドクレストを半分くらいに小さくした剪定作業前後。
ゴールドクレスト 剪定前
ゴールドクレスト 剪定後

3年以上お手いれしてない隣家に越境していたモッコクの剪定前後
3年以上お手いれしてないモッコクの剪定前
3年以上お手いれしてないモッコクの剪定後

このようにさっぱりしてほしいという方が多いのは植木が大きくなりすぎて手に負えない、以前は自分でチョキチョキ切っていたけど届かなくなってからはいつのまにか伸び放題になってしまったということで庭木のお手入れのご依頼が多数あります。

大きくなった植木は1度剪定作業をすれば解決するの?

ご自身でやった方にもお伝えしたいのが、強剪定を一度行えばいいわけではありません。何故かと言いますとその植木は大きくなる元気があるんです。土が良かったり日が当たりやすい庭の環境が植木を大きくできるのです。

小さくまとめるには一度ばっさり切った後に反発し植木のてっぺんから天に向かってびょん!と枝が出てきます。その枝が出てきたらすぐさま切ってあげてください!そこで植木が落ち着きます。

あまりに勢いが強い植木の場合は何度か出てきますがその枝を切っていれば上に向かって大きくなることはありません。

植木屋のお手入れの相場

「途中まで自分でやったんだけど大変過ぎて連絡しました」という方からご連絡が来て金額をとても気にしていました。植木屋さんの費用相場は1日で一人で現場にお伺いする際25000円~30000円(税別)です。ゴミ処分費は会社により異なります。

沼山造園は料金表がありますが先ほど書いた通り、庭木をお手入れしたい理由はお客様によって違うので一度ご自宅にお伺いしてお庭を見ながら直接お話し、どんなお手入れが必要かご提案し御見積を作成させて頂ければと思っています。

まとめ

植木の成長は止めることはできない。しかし一度きちんと剪定するのとしないのでは天と地ほど変わってくるのでぜひ剪定をしてほしい。

最後にこの記事では
庭木は基本的に大きくなる
庭木が大きくなって困っている人は意外と多い
庭の広さに合わない大きい植木は大きいとトラブルが多くなる
剪定の最大理由
自分で庭木のお手入れをるときの道具・ゴミ処分について
沼山造園での庭木のお手入れの動画
植木屋のお手入れの相場と沼山造園の費用

最後にもう一度いわせてください、脚立から落ちたり枝で怪我をしないようにお気をつけください。

 

PAGE TOP