ぼさぼさに伸びていた生垣のようなサワラの剪定作業例

サワラのお手入れ後

ぼさぼさに伸びていた生垣のようなサワラの剪定作業例を画像と動画でご紹介

本日はデイサービスさんの敷地にあるサワラの剪定のお手入れをしたときの作業についてご紹介します。

このサワラは玄関先からずらっと植えてあり、ここには7本ありますがお庭全部で12本ほどあります。

お隣には大きな会社が建っており、建物に枝が突き刺さるように枝が伸び、変な方向に枝が曲がり、サワラの枝が傷んでいました。

剪定前のサワラの高さは3.5m~4.0mほどあり、後に写真が載っていますがサワラ同士の枝が接触して生垣のようになっていて全体的に枝が混んでいて朝方は日陰で玄関先が暗くなっていました、

デイサービスの利用者さんも到着した時に暗い雰囲気より、明るい雰囲気のお庭の方が良いかと思い光が入るようにお手入れすることになりました。

サワラのお手入れ作業前と作業後を画像で確認!

下の画像がお手入れ前のサワラです。

サワラのお手入れ前

どうですか?お隣の建物も見えずに影があり、暗い雰囲気が漂っていますよね。こちらを下の画像のようにお手入れしました。

サワラのお手入れ後

終わった時間がお昼を経過しているので日の当たり方的に少しくらい感じに見えますが、朝方は太陽が差し込み、利用者さんも通るときにスッキリして気持ちがいいねと喜んでくれました。

作業後は3mほどまでしか小さくならず、背も少し小さくしてほしいとのことで徐々に下げさせていただくことになりました。

実際のサワラのお手入れ 

下の動画が実際の作業したときのものになります。

今回でいきなり小さくするのが難しそうなので、今後小さくする目的で内側に枝が生えてくるように幹にまで日が当たるように日頃お手入れするよりさっぱりに仕上げています。

まとめ

針葉樹のサワラはお手入れが意外と難しく一歩間違えると一部の枝が枯れてしまう。
サワラを小さくするときは枯れやすいので日々お手入れが重要で、できるかできないかが決まります。
 
沼山造園ではサワラのお手入れは慎重にする。
 

関連記事

  1. ゴールドクレストの剪定 高さ9m近いゴールドクレストが倒木対策の強剪定で驚きの小ささに
  2. ヤマモモ 剪定
  3. 花を咲かせるためのハナミズキの剪定 ハナミズキ-植えて3年、花が咲かない3つの理由
  4. 12月~2月の間に切っておいたほうが良い樹木がある3つの理由
  5. サザンカの写真 ツバキ、サザンカ剪定
  6. 梅の木 剪定
  7. オリーブの剪定
  8. レッドロビンの刈込
PAGE TOP