庭を造り替えてから4年。すぐ大きくなる管理するのが難しいシマトネリコの伐採作業例

シマトネリコ

こんにちは。世田谷区の植木屋、沼山造園の沼山です。

庭にあるシマトネリコについて悩みを抱えているお客様からのご依頼がありまして、シマトネリコの伐採した時の作業例についてご紹介します。

庭を造り替えてから4年。すぐ大きくなる管理するのが難しいシマトネリコの伐採

シマトネリコは柔らかい葉の付き具合で今や車を走らせていると見ない日はないくらいお庭に馴染んだ庭木だと思います。

今まで見た中で一番大きいのが12mほどのシマトネリコがありましたが、植えた当初は背丈くらいのシマトネリコ、根がきちんと地面に馴染むと簡単に5mから6mくらいまで大きくなると思います。

オリーブと並ぶくらい人気があり、洋風のご自宅にはもってこいのシマトネリコですが、いささか成長スピードがオリーブと比べて早い庭木ではないでしょうか。

オリーブについて知りたい方は「落葉樹だけではなく2月中に強剪定ができるオリーブ」こちらをごらんください。

ご依頼主が困っていたこと

お庭をリフォームしてから4年、流行に合わせて和風から洋風に変えたのはいいけれど、シマトネリコの伸びるのが早すぎて管理が難しい

他の庭木も大きいけれど、とくにシマトネリコがすぐに2階ぐらいまで伸びてしまい手が届かなくて管理ができない。

少しお手入れしてみたけどケガをしてしまい、植木屋さんに頼むよりお金がかかってしまった。という風にお話を頂きました。

今後、シマトネリコをどうすればいいかご相談

ここで、今後ご自身でお手入れをやっていくか、私の方でお手入れの剪定か根元から切ってしまう伐採の御見積をご提案させていただきました。

毎年の剪定のご提案

植木屋としてシマトネリコは葉の付き方、樹木の芽吹きやすさなどのことを含めるとお手入れしやすい庭木の一つだと思っています。

ですが、勢いの良いシマトネリコは大きくなりがちで、枝が密集しやすく

バッサリ切るお手入れをしても元の大きさに戻りやすく毎年のお手入れが必要な場合が多いので一つ目の案としてご提案しました。

伐採のご提案

伐採は樹木の根元の方から切ってしまう作業ですが、勢いの良い樹木の場合、この作業でも枯れず切り株から枝が出てきてしまうことがあります。シマトネリコも勢いの良い樹木が多いので、この対象です。

二つ目の案として伐採をして半年以内に枝が出てきたら無料で切りに来るという内容でご提案しました。

最終的にご依頼主のご決断はご提案内容、金額も含めて伐採になりました。

実際のシマトネリコの伐採作業例

下の動画は3mほどの高さのシマトネリコの伐採をしたときの作業動画です。

作業の流れは上部の枝を一つ一つノコギリで切り、ある程度の枝を無くしたあとは、幹を根元から切っても周りに影響がないようでしたので一気にノコギリで切りました。

まとめ

シマトネリコは成長が早く、ご自身でお手入れをする場合は根気よく作業をしなければすぐに伸びてしまう。何より、怪我に気を付けて作業をする。

世田谷区の植木屋、沼山造園は3mのシマトネリコの伐採作業が可能。

この木を伐採しようか、今後どうしようかお困りの方、お気軽にご相談ください。

電話のご相談・お問合せ

関連記事

  1. ゲッケイ樹 剪定
  2. 壁面のツタ取り
  3. 世田谷区で金木犀の剪定時の写真 「金木犀の剪定依頼」お客様が心配していた剪定後の3つの不安と実際…
  4. サワラのお手入れ後 ぼさぼさに伸びていた生垣のようなサワラの剪定作業例
  5. ツバキの透かし剪定 ツバキ透かし剪定
  6. レッドロビンの生垣刈込剪定
  7. ツバキの伐採 ツバキ・サザンカ 伐採 チャドク蛾の大量発生
  8. ボランティアにいってきました
PAGE TOP