誰でもできる!庭木のアブラムシ駆除方法6選

アブラムシ

アブラムシはさまざまな庭木に生息し、爆発的な繁殖力で大量の栄養を吸い庭木を弱らせてしまう害虫です。

今回は、このアブラムシの撃退方法について薬剤を使用する方法と薬剤を使用しない方法にわけてご紹介します。

アブラムシの生態については「千葉県在住のアブラムシで困っていて薬剤による対処が苦手な方へ」に書いています。また、こちらの記事には千葉県立農業大学校が発表している飛翔制御したテントウムシによる害虫防除のリンクを張っておりますのでお時間のある方はお読みください。

アブラムシの駆除方法6選

アブラムシが葉の裏に沢山くっつき栄養を吸い尽くした場合、駆除をしないと庭木が弱り最後には枯れてしまいます。

薬剤を使う方法だけですとアレルギーや薬剤自体を嫌う方もいるので、薬剤駆除以外の方法も含め、アブラムシを簡単に駆除できる方法を以下の6通り書いていきます。

薬剤を使う

  1. 薬剤を吹きかける
  2. 粒状の薬剤を撒く

薬剤を使わない

  1. 粘着系のテープを使う
  2. ピンセットや割りばしを使う
  3. 勢いの強い水をかける
  4. ブラシを使う

それでは一つ一つご紹介致します。

薬剤を使う方法

アブラムシに効果的な薬剤は広く出回っています。劇的な効果を発揮しますし、用法用量を間違えなければ庭木に被害が起こることも人に被害がおこることもありません。それではご説明します。

薬剤を吹きかける

薬剤を吹きかけるというのは液体の薬剤散布を吹きかけるということです。ホームセンターでも売られているタイプもありますが大きな木では足りないかもしれません。

ホームセンターで売られているタイプはおよそ高さが2メートル・幅1メートルくらいの木を1本くらいと思いましょう。

植木屋さんが使う薬剤の種類はスミチオン乳剤・マラソン乳剤・トレボン乳剤などです。

これを小さい庭木ならば観葉植物に水を吹きかける下の画像の霧吹きのようなものでアブラムシに直接吹きかけます。

霧吹き

大きな木の場合は下の画像のような噴霧器という道具を使うと薬剤が木の上部まで届きます。

噴霧器

この道具は植木屋さんも良く使っています。

液体の薬剤で駆除する場合はすぐに効果が出てアブラムシが絶滅しますが薬剤がきちんとアブラムシに付着しないと死滅しないので注意が必要です。

ただ、同じ薬剤を長期間使用しているとアブラムシに耐性ができてしまうので何種類かの薬剤を交互に散布する必要があります。

粒状の薬剤を撒く

ホームセンターよりは花屋さんや園芸店で売られていることが多い粒状の薬剤ですが、小さい粒々の薬剤を木の周りに撒き、水を散布します。

薬剤を含んだ樹木をアブラムシが吸い、死滅するという流れですが、これは時間がかかるのであまりオススメしません。どちらかというと対策よりの駆除方法です。

以上の薬剤による散布や粒剤の投与は、アブラムシを死滅させるために作っている薬なので効果は絶大的です。

アブラムシの対策については「アブラムシの発見から駆除までの一例と予防策」こちらに詳しく書いていますのでお時間のあるかたはご覧ください。

薬剤を使わない方法

薬剤を嫌いな方がいると思いますので使わない方法もご紹介します。

粘着系のテープを使う

ガムテープのような粘着系のテープをアブラムシに張り付けて取ります。

大きな木の場合は大変かもしれませんが物理的にとれるので効果的です。

ピンセットや割りばしを使う

物理的な駆除方法です。つまんで捨てるです。大量発生する前の駆除ならこの方法もオススメです。

勢いの強い水をかける

アブラムシにシャワー状の水ではなく、少し強めのジェットタイプのような勢いのある水をかけます。

水道代はかかってしまいますが、だいぶ死滅します。

ブラシを使う

歯ブラシや大きめのブラシでこする。これで簡単にアブラムシが取れます。

硬い歯ブラシで擦り落とす場合は、葉に傷がついてしまう可能性や取り残してしまう可能性があるので注意が必要となります。

この他に、牛乳をかけるなどの情報がありますが、一時的にアブラムシが逃げるだけで再発しやすいのでオススメしておりません。

アブラムシの怖い所

2020年5/19に追記です。

こちらの記事を見て頂いた方から全然減らないという方からご連絡を頂きまして、それについてもご返信しましたが、内容をここに載せて良いということでしたので書かせて頂きます。

アブラムシの怖いところはその生態にあります。駆除できないで残ったアブラムシは1匹でも残っていた場合、この1匹が1日で5個ほどの卵を産みすぐに孵化をします。10匹残っていた場合は50個の程の卵を産むということです。2日目には250匹に増えます。

アブラムシの繁殖力はすさまじいものがあります。

アブラムシの対処をする場合は最後まで駆除することが大事です。

誰にでも簡単にとることができますが、枝先だけ残す、この木は後でにするといったことの無いようにしましょう。

まとめ

ここまでアブラムシの駆除方法についてご紹介してきましたが意外と簡単に駆除できることがわかって頂けたかと思います。

もう一度まとめます。

アブラムシの駆除方法

アブラムシの駆除には薬剤を使用する方法と薬剤以外の方法がある。

薬剤の効果は絶大だが、用法用量を守らないと庭木に薬害がでて、アブラムシにも耐性が付く。

薬剤以外では4通りくらいあり、どれも簡単に道具が揃うが、全て死滅させるのには多少の労力がいる。

庭木のアブラムシでお困りの方は、ご自身で手に負える庭木の大きさではない方、お気軽にご相談ください。

電話のご相談・お問合せ

関連記事

  1. 「大至急」駆除したい毒性のあるチャドクガ
  2. 千葉県在住のアブラムシで困っていて薬剤による対処が苦手な方へ
  3. イラガの葉の食べ方 チャドクガ駆除終わりにイラガを発見
  4. 害虫に葉を食べられた庭木 都内のお客様から聞く「庭木に付く害虫」による被害の3つの特徴と、…
  5. アブラムシの発見から駆除までの一例と予防策
  6. まもなく1年に2、3度発生する痒くなるチャドクガの対策をしていま…
  7. 松の木 松の緑摘み時にマツカレハの幼虫を発見!ご自宅の松は安全ですか?
PAGE TOP