4

知らないと損をする草取りの3つの方法

ぼさぼさの雑草

実は慢性的に生えている雑草において、 
その抜き方はある程度決まっています。 
その中でも、まず知らなければならないのは根元から抜くことです。 

「そんなこと知ってるよ!」 
って思われるかもしれませんが、 
ほとんどの方が当たり前すぎて 
これができていないのです

だから、減るものも減らなくなってしまうのです。 
僕が雑草取りをすると、 
次回生えてくるであろう雑草は10あったうち7か5くらいの半分くらいにはなります。

それしか減らないの?という方もいるかもしれませんがこれにもちゃんと理由があります。

それは、時期やタイミングによりますが種を飛ばした後、

花が咲いたあと・種を飛ばした後に草取りをお願いされた場合は既に手遅れなときです。

この場合はどうしようもなく次から次へと雑草が生えてきます。

こうならない為の雑草取りには次の3つの方法があります。

・雑草は大きくなってから取るのではなく決まった曜日等で小まめにとる

雑草が増える理由の最大の原因は伸びていないからまだやらなくて良いと思っている方がたくさんいること。

これが雑草が増える最大の原因です。なのでご自身でやろうと思っている方は

必ず土曜日なら土曜!毎朝30分だけ!と決めて行ってください。

これだと植木屋さんの出ることはほぼありません。

植木屋さんの作業が1日8時間程度だとしても毎日30分のご自身でやられている雑草取りにはかないません。

・カマの種類を変えならがら根っこごと取る

雑草の種類によってはなかなか根から取りにくいものがあります。

地面から生えていたりコンクリートの隙間から出たりと雑草も生きる為に必死です。

大田区ですと大きなホームセンターが何店舗かありノコギリ鎌、草削鎌、薄鎌、色々な種類が売っています

用途も様々ですが人によって使いやすさが違いますので自分に合う鎌を選ぶのが一番大事です.

・春夏秋冬関係なく継続させる

雑草が種を飛ばす時期を知っていますか?

正直に良いますと僕も全部が全部しっているわけではありません。

この雑草がこの時期に種を飛ばすからその前に取っておこう!ではなく見つけたらすぐ取りましょう。

ですので冬でも取ってください。冬は成長が遅いですが何度も言いますが小さいうちに芽を摘むことが大事です。

PS

意外と草むしりも体力を使いますので熱中症対策・蚊をよけるスプレーなどを使い雑草取りを行ってください。

大変なのは私も良くわかっています。お困りなことができた場合でも良いですので大田区・目黒区・世田谷区・川崎市を中心に作業をしています。

沼山造園にお問い合わせください。

お電話でもお問い合わせからどちらからでもお待ちしております。

関連記事

  1. クロガネモチ 剪定
  2. 毎年剪定に1本2万円ほどかかっていた金木犀を根元から伐採
  3. 1時間半で2年間ボサボサな状況に悩んでいたお客様の悩み解決したク…
  4. モッコク 剪定
  5. 木橋基礎工事
  6. サワラの剪定
  7. 「金木犀」の香りが漂う10月。私の家だけ花が咲かないということに…
PAGE TOP