梅の木 剪定

ご覧頂きましてありがとうございます。

本日は梅の木の剪定です。

お客様のご要望によって切り方は変えていますが、基本的に夏の時分にする梅の剪定は風通しを良くしてあまり切らないという風にやっています。

下の木が梅の木になります。


形を整えてある程度の空間を作ってあげます。

剪定 梅 夏 とインターネット出て検索するとよく出てくる言葉がありますが、風通しと樹形、日陰を作らないが目につくと思います。

風通しをよくするとで木の中を蒸れないようにし、病気にならないようにしています。

梅の木は花が咲き、梅の実がなるのを楽しみしているお客様はたくさんいます。剪定をし、樹木を整えることが花や実を咲かせるコツになります。

梅につく虫もいますのでそれは後日投稿させていただきます。

ご覧頂きましてありがとうございました。

関連記事

  1. レッドロビン 剪定
  2. サワラの剪定
  3. シマトネリコ 花
  4. 壁面のツタ取り
  5. 「金木犀」花の香りが漂う10月頃、花が咲かない3つの理由
  6. 紅葉の剪定
  7. チャドクガがつくヒメシャラ ヒメシャラを育てるうえで見逃せない3つの注意点
  8. 桜の剪定 花見のための剪定を。薬剤散布の重要性 
PAGE TOP